耳あな型補聴器の本体、耳せんまたはイヤモールドの通気穴。

 

通常、耳の穴をふさぐと自分の声が響いたような感覚(こもり感)が生じる。そのこもり感を減らすためにベントが有効とされる。

ベントの穴が大きくなるほど、こもり感は削減できるが、補聴器の音がベントから抜けてしまう量を増える。