補聴器の出力特性を決めるパラメータの一つ。

入力から出力までの増幅量。

(補聴器の利得)=(補聴器への出力レベル)―(補聴器からの入力レベル)

 

補聴器を調整・使用する上で、最も重要なパラメータの一つ。

下図のような入出力特性グラフで見ると、横軸と縦軸の差分が利得となる。

 

そのため、入力レベルごとに利得が異なることが、入出力特性グラフから読み取ることができる。

入出力特性グラフからの読み取り方法の詳細は、「入出力特性グラフからの読み取る補聴器の特徴」で紹介しています。

関連記事

関連語句