DSL(ディーエスエル); Desired Sensation Level : 所望の感覚レベル(直訳)

補聴器のフィッティング処方式の一つ。

カナダの西オンタリオ大学で開発・リリースされている処方式。

開発当初の目標が、音を聞いた時の感覚レベルが装用者の望まれるレベルを処方することたったため、DSL(Desired Sensation Level)という名称になっている。

DSLは乳幼児向けの処方式として世界的に有名である。最新版のDSL v5では、大人でも対応できる計算式となっている。

 

関連記事

 

関連語句