補聴器の種類

補聴器の種類は大きく3種類に分類できます。

  1. 耳かけ型
  2. 耳あな型
  3. ポケット型

補聴器を選ぶときに、種類ごとにどんな長所/短所があるかを踏まえて、使うシーンを想定してみると良いと思います。

耳かけ型

耳に掛けるタイプの補聴器です。

耳かけ型補聴器も2種類に分類できます。

一つは、ケースにマイク、アンプ、イヤホンがすべて入っているタイプ。

もう一つは、イヤホンだけがケースの外に出ているタイプで、RICやRITEと呼ばれるものです。

RICは、Reciever in the canalの略称で、イヤホンが耳の穴にすべて入っているものです。

RITEは、Receiver in the Earの略称で、RICよりイヤホンが大きいタイプです。

(なんでRITEはTheが尊重されているかは謎です。)

長所 短所
耳かけ型 使いやすい/耳につけやすい

コイルなど機能が豊富

耳の集音効果がない

目立ちやすい

 

RIC/RITE ハウリングが起きにくい

小型

イヤホンの露出が大きい

耳たぶの集音効果がない

耳かけ型とRIC型の違いは、別記事にまとめます。

耳あな型

耳の穴に入れるタイプの補聴器です。

耳あな型補聴器も、オーダーメイド既製品タイプに分けられます。

長所 短所
オーダーメイド 耳の形に合う

自然な音

目立ちにくい

比較的高い
既製品 安い機種が多い

自然な音

ハウリングが起きやすい

オーダーメイド補聴器の詳細は別記事にまとめます。

ポケット型

箱型補聴器とも呼ばれる四角い補聴器です。

ポケットに入れて使用することから、ポケット型と呼ばれます。

長所 短所
ポケット型 操作が簡単

聞きたい音を集めやすい

目立つ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。