補聴器の返品・クーリングオフ

補聴器は安くない買い物です。

返品したい、クーリングオフをしたいと思う方も少なくないと思います。

 

まず、クーリングオフについて。

クーリングオフは、訪問販売や電話勧誘による買い物のための制度です。

そのため、販売店や通信販売で購入した補聴器はクーリングオフの対象ではありません。

 

次に、返品について。

私が知る限り、ある程度の期間であれば、返品できるケースが多いようです。

心配な場合は、購入前に返品について確認しておくと良いでしょう。

返品したい場合は、販売店へ相談しましょう。

 

 

これを読んでいる方は、もう返品したいと思っている方が多いと思います。

そんな方に、返品を本気で考える前に、確認してほしいこと。

  • ご利用の販売店は、認定補聴器販売店ですか?

    認定補聴器販売店でない場合は、補聴器が満足に合っていない可能性があります。
    こちらの記事を参考に、認定補聴器販売店に出向いてみてはいかがしょうか。

  • 補聴器に慣れるための期間を、しっかりと過ごしましたか?

    補聴器を満足に使うためには、補聴器の音に慣れることが必要です。
    慣れるためには、数週間程度を使って、日々補聴器の使用時間を少しずつ延ばしていく必要があります。
    数日使ってみて「もう使えない!」と諦めるのは、時期尚早です。
    もうひと踏ん張り頑張ってみてください。

 

そして、補聴器の返品を考えないために、気をつけるべきこと。

これは1つです。

購入前に補聴器の試聴を活用しましょう!

補聴器の購入を気持ちよくできれば、返品しないで済むと思います。

補聴器の試聴については、こちらの記事を読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。